平成29年度 野外活動支援員育成プログラム 9月11日(月)~12日(火)in 月夜野キャンプ場(山梨県南都留郡)

平成29年度 野外活動支援員育成プログラム

9月11日(月)~12日(火)in 月夜野キャンプ場(山梨県南都留郡)

今年度の野外活動支援員育成プログラムは、16コマの講義で構成されています。
9月のキャンプ実施前に、グループワークによる関係づくりや野外活動の支援法、
野外での救急法などを学んでから、キャンプに出かけます。

キャンプ当日、学生たちは大学に集合して貸し切りバスでキャンプ場へ。
途中、決められた予算で食材をスーパーで購入、キャンプ場で調理を行います。

1日目は、野外ゲームや調理などを行い、2日目は、北澤伸之先生による
自然の中での遊び支援学習が行われました。
午後にキャンプの振り返りを行い、夕方、大学に到着です。

野外キャンプの目的は、野外キャンプ活動におけるグループ活動や
自然体験活動に取り組み、活動する自分自身と向き合うことを通して、
以下の点について考えることです。

1.子どもたちの育ちにとって、野外活動にはどのような意義があるのか
2.野外での活動を豊かにするためには、どのような工夫や方法が求められるか
3.野外活動において、子どもに寄り添う支援者には、どのようなことをもとめられるのか

では、活動の様子をご紹介いたします。

(1)まずはオリエンテーション

(2)グループで目隠し歩き、「わたしのとっておきの場所」という
先頭の人が紹介したい場所にみんなを誘導、発表するネイチャーゲーム。

(3)「ラインナップ」全員が丸太の上に乗り、指示のとおりに丸太から
落ちないように並かえるゲーム。みんなで動きを調整してバランスをとることが難しい!

(4)みんなで夕食の準備。食物学科の講師の先生に魚のさばき方を教えてもらえます。

(5)おいしそうなマスの塩焼き

(6)暗闇のなかでの夕食もスリリングでおもしろい

(7)2日目は北澤先生と魚釣り

(8)ついつい魚を追いかけること夢中になってしまいます

参加者:大妻女子大学児童学科1年(9名)、2年(2名)、ライフデザイン学科(1名)

外部講師:北澤伸之先生(ELFIN体験共有くらぶ代表)

引率:加藤悦雄、川之上豊、石井雅幸(児童学科教員)

このプログラムで学んだ学生は、今後、千代田区の保育園や幼稚園の野外活動に
ボランティアとして派遣されて、現場での活躍が期待されています。

文責:加藤奈保美

2017年10月12日