2019年度 特別支援教育プログラムが終了しました。

9月14日(土)をもって全10回のプログラムが終了しました。

受講者44名のうち、30名が受講認定書を授与されました。

 

 
2019年9月7日(土)13:00~16:10

長江清和先生(埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター)

長江先生には、平成18年度から文科省の社会人の学び直しプログラムからご協力

いただいています。

実践教育に基づき、事例を交えてのていねいな講義が受講者から好評です。

 

 


渡邉涼先生(東京都北特別支援学校)

渡邉先生にも、平成19年度から肢体不自由特別支援学校での生活支援の様子や

特別支援教育コーディネーターとして地域の幼稚園や小学校での巡回相談の事例などを

ご紹介していただいています。

 

 

 
2019年9月14日(土)13:00~16:10

詫間美登里(東京都公立学校特別支援教育専門員)

石川洋子(千代田区特別支援教育指導員)

おふたりの先生には、千代田区の支援員の役割と、実際の支援について

具体的にお話いただき、受講者同士でもディスカッションを行いました。

 

 


最終日は、高橋ゆう子先生(大妻女子大学)による事例検討を行いました。

 

来年度もプログラムに改変を加え、実施したいと思っています。

ご関心、ご興味のある方はご参加ください。

 

 

(文責:加藤保奈美)

2019年9月30日