令和3年度 はぐみぃ通信7月号

7月のはぐみぃは、学生とスタッフで七夕の飾りつけをして、皆さんをお迎えいたしました。
来室いただいた親子さんには、それぞれの願い事を短冊にしたためてもらいました。
 

はるみちゃんのママの願いごとをのぞいてみると~
「ゆみとはるみが元気で楽しく毎日過ごして大きくなりますように…」とのママの願いが。
ママたちの願いは、子どもたちの健やかな成長ですね。元気に大きくな~れ、はぐみっ子!
 

たくさんの大人に見守れてすくすく育ち、その育ちをいっしょに喜びあう場所、それがはぐみぃ。
 

夏のはぐみぃは、手作りおもちゃでいっぱい。
小さなペットボトルに色水とキラキラ光るテープも入れると、ほら、きれいでしょ。

みてみて、お魚釣りだって、水族館ごっこもできちゃうよ。
 

それから、絵具遊びのほかに、指ペインティングも始めました!
はじめてのゆびえのぐに、ちょっと引き気味のさやかちゃん
スタッフの鷲尾さんが「グルグル~、気持ちがいいよぉ~」とやさしく誘うも…
「今回は見ているだけにしておくわ」っといった感じで、ママにからだをあずけます。
 

いっぽう6カ月のはるみちゃんは、はじめての感触に興味津々。
いつもは右手をお口に入れて指しゃぶりしているけど、指えのぐの時はお口に指をもっていかず、
ちょっと難しそうなお顔をして感触遊びを試していた模様。
 

振り返りの時間に学生さんから、「ふつうのおもちゃはそれほど好き嫌いなく遊べるけれど、
感触遊びは好き嫌いがはっきりわかる遊びでおもしろかった」という意見がありました。

味覚や触覚は、その子の嗜好性、得意・不得意がわかったりして、
その子の個性を理解するツールとして興味深いもの。

ママたちにもぜひゆびえのぐを試してもらって、どんなリアクションがかえってくるか楽しみにしています。

8月は夏季休業中のため、はぐみぃ・はぐみぃぷらすはお休みです。
次回は9月28日(火)からスタートします。

追伸
今後、緊急事態宣言が発出されても、大学が対面授業を行う場合は、はぐみぃも開催いたしますので、
センターHPで開催の有無をご確認くださいませ。

2021年7月21日

7月13日(火)14日(水)のはぐみぃ、はぐみぃぷらすは開催いたします

7月12日(月)から緊急事態宣言が発令されることになりました。
しかし本学では、これまで通り対面授業8割、オンライン授業2割という
授業形態を7月23日(金)の前期終了日まで継続する方針が決まりました。

それを受けまして、7月13(火)14日(水)20日(火)21日(水)の
7月に予定しているはぐみぃおよびぷらすは実施することが可能となりました。

事前予約制となりますが、1日6組までの親子さんをお迎え入れできますので、
ぜひご参加ください。

スタッフ一同、お待ちしていおります。

(文責:加藤奈保美)

2021年7月10日

2021年度の南会津宿泊活動は中止になりました。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から千代田区の小学校の宿泊行事が全て中止になりましたことを受けまして、

例年8月に開催しておりました南会津の宿泊活動ですが、今年度も開催は見送ることとなりましたことをご報告申し上げます

参加を楽しみしてくださっていた皆さま、来年の参加をお待ちしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

(文責:加藤保奈美)

2021年6月30日

令和3年度 はぐみぃ通信6月号

6月20日に緊急事態宣言が解除されたことを受けて、大学では21日(月)から8割の授業が対面形式となり、
大学に学生さんたちが戻って参りました。それを受けて、はぐみぃとぷらすも22日(火)から再開できることになりました。

事前予約はなかったものの、22日(火)のはぐみぃは6組の親子さんが来室いただき、うち4組は新規さんでした。
受付には、学院から寄付いただいたレアもののキューピー人形たちが親子さんたちをお出迎え。

新規のひろとくんは、ママといっしょにはじめての絵具遊び。おでこや口元にも青い絵具をつけて精力的に創作活動中。
スタッフの提案もあって、ちょっとイヤイヤながらの手形を作りました(苦笑)

こちらも新規のりつきくん。クレヨンを持つのもはじめて。ママといっしょにクレヨンでグルグル描きに挑戦。
おもしろくなったのか、模造紙だけでは飽き足らず床や机にもグルグル。ママが慌てて雑巾でふきふきでした。

4年生の学生さんたちに絵本を読んでもらったり、電車でいっしょに遊んでもらったり穏やかな時間。

久しぶりの来室で、エンジンのかかりがゆっくりだったさやかちゃん。うつ伏して泣いてママを求める姿に思わず笑みがこぼれます。
後半は、新規のるいちゃんとボールのやりとりでご機嫌に。

23日のぷらすは、雨降りだったことも影響してか、来室者はゼロ。それでもスタッフと学生さんとで、
七夕の準備をしました。4年生の森本さんのアイディアでかわいい七夕飾りができました!

次回のはぐみぃは7月6日(火)、ぷらすは7日(水)です。
7月も引き続き、来室者は6組を上限とさせていただきますので、ご予定がきまっていらっしゃる方はセンターHPから事前予約をお願い致します。

万が一、上限人数を越えた場合は、来室をお断りさせていただくことがございますことをご了承くださいませ。

6日のはぐみぃは笹の葉をご用意して、スタッフ一同お待ちしております。
(文責:加藤奈保美)

2021年6月30日

はぐみぃおよびはぐみぃぷらす再開のお知らせ♪

6月20日(日)に都の緊急事態宣言が解除された場合、
6月22日(火)のはぐみぃ、23日(水)はぐみぃぷらすを再開いたします!
再開にあたりましては、当面の間、感染予防の観点から入室いただく親子さんを
1日7組に限定させていただきたいと思います。
つきましては、メールによる事前に予約申込をしていただき、定員になり次第、
〆切とさせていただく予定です。
センターのHPの「お問合せ」からご連絡いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。
参加する学生およびスタッフ、教員は事前にPCR検査を実施して陰性であることを
確認できた者だけが対応させていただきます。
また来室いただく折には、自宅で検温を行って受付でお知らせください。
では、来週皆さまにお会いできることを心待ちにしています。
加藤奈保美
2021年6月16日

5月のはぐみぃおよび、はぐみぃぷらす中止のお知らせ

緊急事態宣言が延長されたことに伴い、
5月に予定しておりましたはぐみぃおよびはぐみぃぷらすが
中止となりますことをお知らせいたします。

大学の授業も再びオンライン授業に切り替わり、
学生の入校も制限されております。

6月から再開できること願うばかりです。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

加藤奈保美

2021年5月10日

令和3年度 はぐみぃ通信4月号

4月20日(火)と21日(水)にはぐみぃ、はぐみぃぷらすが再開しました。

事前予約をしてくださった親子さんたちは、はぐみぃの再会を楽しみに待っていて

くださっていたと聞いて、スタッフも再開できた喜びが倍増‼

 

皆さまをお迎え入れするにあたって、バックヤードでは、学生さんたちが

おもちゃの消毒をていねいに行い、衛生管理を徹底しました。

 

制作室では、スタッフ鷲尾さんの「鯉のぼりを作ってお迎え入れしたいな~」のひと言で、

急遽、鯉のぼり制作を開始。鯉のぼりを見たことがない学生さんもいて、

「吹き流しって?」「鯉のぼりの模様って?」と試行錯誤。

それでも、開室15分前のドタバタ劇でしたが、初回で緊張している学生さんたちの

ウォームアップにはちょうどよかったみたい。こうした即興が雰囲気を和ませてくれます。

 

「やっぱり、思いっきり絵具でお絵かきもさせてあげたいね~」との声から、

3年生の学生さんたちが絵具の準備。

 

そして完成した鯉のぼりをもって、スタッフみんなで親子さんたちをお迎え入れ。

キラキラした吹き流しに興味津々のさやかちゃん。

 

帰りは満足気な表情でバイバ~イ。

ふたりとも昨年はまだママのお腹にいて、お兄ちゃん、お姉ちゃんがはぐみぃに

通ってきてくれていた常連さん。1年という時間の重みを感じました。

 

はぐみぃぷらすには、はぐみぃを卒業したりくとくん、いぶきくん、みれいちゃんの

ママたちがが遊びに来てくれました。

 

前日はぐみぃに遊びに来てくれたはるとくんは滑り台が大好きと聞いて、

ぷらすでは廊下に滑り台を準備。はるくんは何度も繰り返し、得意気にすべってくれました!

 

こうして再開したはぐみぃですが、4月25日からの緊急事態宣言の発令を受けて、

大学が全面オンライン授業に切り替わったため、やむを得ず中止に…。

しばし緊急事態宣言が解除されるまでお休みとなります。

 

スタッフ一同、また皆さまの笑顔にお会いできる日を心待ちにしています。

どうぞ皆さまもお身体にお気をつけてお過ごしください。

(文責:加藤奈保美)

 

2021年4月27日

理科支援員育成プログラム及び現職者対象理科研修 受講生募集要項

令和3年度 地域の保育所・幼稚園・小学校における教育・保育を支援する支援員育成プログラム

理科支援員育成プログラム及び現職者対象理科研修

受講生募集要項

大妻女子大学児童臨床研究センターでは、地域の保育所・幼稚園・小学校における教育・保育を支援する
支援員育成プログラムの一つとして「理科支援員育成プログラム及び現職者員対象理科研修」を開講致します。

つきましては、以下の要領にて受講生の募集を行います。ご関心がおありの方は、ぜひご応募ください。

 

1.プログラムの趣旨

理科支援員が小学校理科の授業と支援すべき内容のおおよそをつかみ、理科支援員を円滑に実施できるための講座です。

また、小学校教員の理科授業への不安を解消するために、小学校教員を対象とした理科研修を同時に開催します。

 

2.プログラムの内容

プログラム詳細

3.受講対象・受講人数

保育士や幼稚園教諭、小・中学校教諭、家庭科教諭、養護学校教諭等の免許状を持つ人および同等の経験を有する方、
学生で理科支援員を希望する方、計40名。

 

4.受講料

年間 学生3,000円、その他5,000円(資料代、保険料込)

 

5.応募締め切り

外 部:令和3年5月6日(木)

在校生:令和3年4月30日(金)

 

6.応募方法

以下の手順でご応募ください。

(1)

児童臨床研究センターのホームページ「問い合わせ」フォームから申込登録をお願いいたします。

(2)

外部の方は、募集期間が終了後、受講が決定した方には「受講料振込先メール」をお送りいたします。
「受講料振込先メール」に記載された振込先に、5月6日(木)までに受講料をお振込み下さい。

(3)

在学生は、令和3年4月30日(金)までに申込み登録を完了し、
令和3年4月23日(金)~5月28日(金)の期間にパピルスメイトにて受講料をお振込み下さい。

(注)
応募いただいた際のメールアドレスに“返信”をします。
上記メールアドレスからの受信ができるよう、メールの受信設定を必ずご確認下さい。よろしくお願いいたします。

(4)

指定期間内に振込が完了された方に「受講決定通知」をメールにてお送りし受講生として登録いたします。

 

7.選考方法

受講人数が定員数を超えた場合には抽選を行い、決定した方にのみ「受講料振込先メール」をお送りいたします。

 

8.問い合わせ

大妻女子大学家政学部 児童臨床研究センター

〒102-8357 東京都千代田区三番町12
TEL:03-5275-6129 FAX:03-5275-5252
E-Mail : jirinken@ml.otsuma.ac.jp
月~金:10:00~16:30

2021年4月27日

緊急事態宣言の発令を受けてのお知らせ

過日、4月25日~5月11日まで緊急事態宣言が発令されました。
それを受けて本大学では、授業が全面的にオンラインに切り替わる方針が出されました。

従いまして、4月27日(火)、28日(水)、5月11日(火)に予定しておりましたはぐみぃ及びぷらすの
開催を残念ではありますが、中止することとなりましたのでご報告いたします。

予定どおり緊急事態宣言が解除されましたら5月12日(水)のはぐみぃぷらすから開催したいと思っております。

すでに利用をご予約いただいている利用者の皆さまには申し訳ございませんが、
また再開いたしますときにお申込みいただけますことをお待ちしています。

当面の間、予約制で10組を上限として開催する予定です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

文責:加藤奈保美

2021年4月25日