特別支援教育支援員育成プログラムが終了いたしました!

昨年12月4日(土)から始まりました5回にわたる対面でのプログラムが、1月8日(土)に終了いたしました。

参加者は21名、受講認定者は19名となりました。

今年度も多数の外部講師をお迎えして、それぞれの専門分野から考える支援のあり方について貴重な講義を展開していただきました。

12月18日には、今年度はじめて講師をお願いした一般社団法人IKKA代表理事を務める久保雅美先生から
「地域連携と母親支援」という視点から、地域の母親たちへのエンパワーについてお話いただきました。

 

12月25日は、やはり今年度から講師をお願いいたしました筑波大学附属大塚特別支援学校教諭の高津梓先生から、
「知的障がいのある児童生徒へのポジティブな行動支援」というタイトルで、認知行動療法の視点からの支援についてお話を伺いました。

 

続いて、東京都北特別支援学校主幹の渡辺涼先生からは、「身体が不自由な子どもの学習しやすい環境づくり」という、
通常級に在籍している身体の不自由な児童の学習支援についての実践例を紹介していただきました。

 

最終回1月8日は、千代田区で支援員や専門員をされておられる石川洋子先生と詫間美登里先生のお二人に
「支援員に求められること」のイロハを伺うことができました。

 

参加者からは、ブラッシュアップを続けていく意味でも来年度もまた参加したいというお声をたくさんいただきました。

支援の「正解」や「答え」はないだけに、支援員や担任として支援に対する自分のあり方や考え方を他者と振り返り、
アップデートを重ねていく研修の場として、本センターが今後も機能してゆけたらと願っております。

(文責:加藤奈保美)

2022年1月9日

特別支援教育支援員育成プログラムが始まりました!

今年度は、大学での対面授業が可能となったのは10月上旬。そこからプログラム開催に向けて早急に準備を進め、
募集期間は1か月余りしかありませんでしたが、リピーターの方も含め、22名の応募がございました。

12月4日(土)の初回は、現学科長でいらっしゃる高橋ゆう子先生にご担当いただきました。

特別支援教育支援員育成プログラム1 特別支援教育支援員育成プログラム
受講者の方がペアになって、自己紹介をしてのアイスブレイク、その後、話し手、聴き手にわかれて、
話す人は、「私の気なる子ども」について、自分の心配・不安という観点から話をしてもらいました。

聴き手は、相手が話してくれたことに対する感想と、もっと相手に話を聞きたくなった点をフィードバック
することを通して、「傾聴」という姿勢について講義がございました。

2コマ目は、昨年度から児童学科に赴任された鳥海順子先生が特別支援教育の制度と役割についてご講義いただきました。
特別支援教育支援員育成プログラム 特別支援教育支援員育成プログラム
特殊教育から特別特別支援教育、そしてインクルーシブ教育へと移行してきた世界や日本の動き(背景)
についてご紹介いただきました。
また、現在の保育・教育における特別支援教育の支援員の役割についても制度内容と
照らし合わせながらお話いただきました。

受講者同士が話し合う時間が設けられて、それぞれのフィールドにおける支援のあり方について
情報交換ができたようです。

今週は、プログラム内容に変更がございます。

18日(土)予定していた綿貫愛子先生の講義が、11日(土)14:40~に変更となります。

加藤の講義は、18日(土)13:00~となりますので、どうぞよろしくお願い致します。

文責:加藤奈保美
2021年12月8日

令和3年度 はぐみぃ通信11月号

11月のはぐみぃおよびはぐみぃぷらすの利用者は少な目でした。
秋晴れの気持ちよいお天気が続き、公園などにお出かけしている親子さんが多いのかな、
予約制ということが来室しにくくさせているのかしら…などと考えを巡らしていました。

事前予約をしていただけると、利用者さんの大枠の人数がわかるため、
現在のところはセンターホームページの問い合わせフォームから申込をしていただいていますが、
当日、「はぐみぃに行ってみたい!」という気持ちになりましたら、予約なしても大丈夫ですので、
ぜひ足をお運びくださいませ。


新入りのりおちゃん、つかまり立ちを始めたところ。


そんなりおちゃんが、ずり這えで廊下に逃走!どこに行くのか~と追ってみると


大きなお姉さんのるりちゃんを追ってずりずり。


乳児さんのりおちゃんは、幼児さんのるりちゃんのやることに興味深々。
るりちゃんも、パンダのパペットを使ってりおちゃんとコンタクト。


りお「ありがとうね…」るり「どういたしまして」とお話しているよう。
そんな微笑ましいふたりの姿を、お互いのママたちが見守ります。


こちらはまちかちゃん。階段の上り下りをママに手を持ってもらい何度も繰り返します。


その数分後、滑り台で休憩中。まだ午前中に眠くなってしまうまちかちゃん。


遊んでは休憩しながら、それぞれのペースで過ごす子どもたち。


学生たちがつくった「食いしん坊くまさん」に、季節のおいしい食べ物を入れてあげるるりちゃん


はぐみぃっ子だったことはちゃんが、はぐみぃぷらすに遊びに来てくれました。
「大きくなったね~」「すっかりお姉さんになって…」とスタッフも大喜び。

地域のなかで子どもたちの成長を喜び合える、そんな場がはぐみぃぷらす。
はぐみぃ同様、はぐみぃぷらすも受け入れ人数に余裕がありますので、ぜひ遊びにいらしてください。
学生のお姉さんたちも皆さんの来室をお待ちしています。

(文責:加藤保奈美)

2021年11月29日

【募集】令和3年 美瑛探検隊!~遊ぼう・学ぼう・感じよう~

令和元年度に実施しました美瑛子ども活動を今年度は、このまま感染者数が増えない状況であれば開催を予定しています。
募集要項をダウンロードできます。

美瑛町探検隊_参加者募集のお知らせ

【ねらい】

星・天体と冬の体験をテーマに、観察する力を養います。子どもたちが講師と共に自然観察方法を学び、観察のポイントをつかむことによって、自分の力で考え、自宅や色々な場所での観察ができる能力を育てていきます。活動は2泊3日の冬の北海道美瑛町での観察となります。

【対 象(参加資格)】

小学校4年生~小学校6年生 15名(応募多数の場合には抽選)

【宿泊活動】

2021年12月26日(日)~12月28日(火) 2泊3日
活動場所:北海道美瑛町
宿 泊 :美瑛町ペンション ウィズユー
〒071-0473 北海道上川郡美瑛町字新星第1 電話 0166-95-2748
活動内容:北海道美瑛町での星空観察(天の川や冬の星座)、
美瑛町の児童との雪や星空を通した交流
ペンション付近の並びに望岳台での自然観察活動
旭山動物園での冬の動物の様子や北海道の動物の見学

【指導者】

石井雅幸(大妻女子大学)、木村かおる(大妻女子大学)、
篠崎潤一(前港区立みなと科学館)、山崎 誠(むさしの自然史研究会)

 

ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

2021年11月24日

令和3年度 特別支援教育支援員育成プログラム 受講生募集

大妻女子大学児童臨床研究センターでは、地域の保育所・幼稚園・小学校における教育・保育を支援する支援員育成プログラムの一つとして「特別支援教育支援員育成プログラム」を開講致します。つきましては、以下の内容にて受講生の募集を行いますので、ご関心がおありの方は、ぜひご応募ください。

 

1.プログラムの趣旨

保育所や幼稚園、小学校で、特別な支援を必要とする子どもの保育や教育において、現在支援員や補助員として勤務している方や興味のお持ちの方を対象に実施し、その専門性を高めていくことを目的とします。

2.プログラムの内容

募集要項及びプログラム

 

3.受講料(資料代込)

5,000円(本学3,4年生は3,000円)

4.受講対象・受講人数

・千代田区及び隣接する区の特別支援教育に参加している支援員や補助員の方

 

・特別支援教育に関心のある方(教員免許、保育士資格、介護士資格等及びそれに類する研修修了者が望ましい)

 

・実習を経験した本学3,4年生

30

 

5.募集期間

外部者:令和3年11月26日(金)締め切り

学 生:平成3年11月19日(金)締め切り

6.応募方法

以下の手順でご応募ください。

  • 外部の方は、募集期間が終了後、受講が決定した方には「受講料振込先メール」をお送りいたします。「受講料振込先メール」に記載された振込先に、11月26日(金)までに受講料をお振込み下さい。
  • 在学生は、令和3年11月19日(金)までに申込み登録を完了し、令和3年11月22日(月)~26日(金)の期間にパピルスメイトにて受講料をお振込みください。

注)

応募いただいた際のメールアドレスに“返信”をします。上記メールアドレスからの受信ができるよう、メールの受信設定を必ずご確認下さい。よろしくお願いいたします。

指定期間内に振込が完了された方に「受講決定通知」をメールにてお送りし、受講生として登録いたします。

 

7.選考方法 

受講人数が定員数を超えた場合には抽選を行い、決定した方にのみ「受講料振込先メール」をお送りいたします。

 

8.応募先・問い合わせ

大妻女子大学家政学部 児童臨床研究センター

〒102-8357 東京都千代田区三番町12

 TEL:03-5275-6129 FAX:03-5275-5252 / E-Mail : jirinken@ml.otsuma.ac.jp

月~金:10:00~16:30

2021年10月31日

令和3年度 はぐみぃ通信10月号

日に日に木々が色づき、秋が深まってまいりました。
コロナウィルスの感染者数もだいぶ落ち着いてまいりましたが、センターでは引き続き感染予防対策をしっかり行い、親子さんが安心して過ごせるように腐心しております。

10月はハロウィンの季節ですね。
学生さんたちが、自発的に心躍るオーナメントを作成してくれたので玄関に飾りました‼


後ろに見えているオレンジのカボチャ、じつはセンターにあるビーズクッション。
スタッフの鷲尾さんのアイディアで、変哲もないオレンジのビーズクッションに飾りつけをして
ハロウィンのカボチャに大変身‼ そのアイディアに脱帽です。


はじめてましてのなつきちゃん。まずは池田先生にごあいさつね。
まだ手押し車は立って押せないけど、好奇心旺盛のなつきちゃんは大股で挑戦してみるよ。
でもすぐに膝立ちだったら押せることに気づけたみたい。

 


3ヶ月のなつるちゃん、大らかなママに見守られながら学生さんたちが代わる代わる抱っこを
させてもらいます。学生の学びを後押ししていただきありがたいことです。
学生さんたちは、ちょっと緊張しながらも、ママからのアドバイスを受けながら乳児さんの
居心地よいポジションを探します。


わたしは、やっぱりからだに触れたくなっちゃいますね。なつるちゃんは、しっかりカメラ目線。

 


かほちゃんは、動じることなく指絵具に夢中。1本指でぐーるぐる。
指絵具のあとは、身体を使ってブロック遊び。すっかりはぐみぃを気に入ってくれたみたい。4

 


こちらもはじめましてのれいちゃん。手作りおもちゃに興味をもって、ママと学生さんといっしょに
くっつけたりはがしたり。そんな単純な繰り返しを大人とともに遊ぶが乳児さんは大好きですね。

 


りつきくんは、はじめての指絵具。手のひらについた絵具を複雑な表情でぎゅーっと握って、、、固まる。
すべり台の階段は、一段一段慎重に降りきったなぁと思ったら自ら拍手。ママも学生さんも「できたねー」と拍手。笑顔の輪が広がります。

 


3歳のゆいとくん、ボールを重ねるという難題に学生さんと挑戦中。学生さんも真剣。
いっしょに真顔で挑戦してくれるおとな傍にがいると、新しいアイディアがどんどん生まれてくる。

 


まちかちゃんは、大きな模造紙にクレヨンでお絵かき。お兄ちゃんのいえはるくんは黒ひげに夢中。時代を越えてロングセラーのおもちゃですね。

 


はぐみぃぷらすは、初回は大盛況でしたが、その後は来室者が少な目。
水曜の午後は、幼児さんたちは習い事が入っているのでしょうか…ね。
こどもの数より、おとなの数が多くならないように、バックヤードでは学生さんたちのアイディアで
手づくりおもちゃを制作中。名付けて「食いしん坊のくまさん」

活動のあとは、毎回振り返りのミーティングを行って、学生さんたちの気づきや感想を出し合って、
親子さんたちへの理解を深めています。
将来、保育士や幼稚園教諭、小学校教諭になる学生さんたちは、実習では保護者の方々とお話する機会はありませんが、はぐみぃでは保護者の方と触れ合える貴重な学びとなっているようです。

11月も引き続き予約制ではございますが、当日予約なしでお出かけいただいてもかまいませんので、
ぜひ足をお運びくださいませ。

(文責・加藤奈保美)

2021年10月25日

【仮称】令和3年 美瑛探検隊!~遊ぼう・学ぼう・感じよう~

令和元年度に実施しました美瑛子ども活動を今年度は、このまま感染者数が増えない状況であれば開催を予定しています。
募集要項は11月初旬にご案内させていただきますが、ひとまず先に大枠の日程をお知らせいたします。

【ねらい】

星・天体と冬の体験をテーマに、観察する力を養います。子どもたちが講師と共に自然観察方法を学び、観察のポイントをつかむことによって、自分の力で考え、自宅や色々な場所での観察ができる能力を育てていきます。活動は2泊3日の冬の北海道美瑛町での観察となります。

【対 象(参加資格)】

小学校4年生~小学校6年生 15名(応募多数の場合には抽選)

【宿泊活動】

2021年12月26日(日)~12月28日(火) 2泊3日
活動場所:北海道美瑛町
宿 泊 :美瑛町ペンション ウィズユー
〒071-0473 北海道上川郡美瑛町字新星第1 電話 0166-95-2748
活動内容:北海道美瑛町での星空観察(天の川や冬の星座)、
美瑛町の児童との雪や星空を通した交流
ペンション付近の並びに望岳台での自然観察活動
旭山動物園での冬の動物の様子や北海道の動物の見学

【指導者】

石井雅幸(大妻女子大学)、木村かおる(大妻女子大学)、
篠崎潤一(前港区立みなと科学館)、山崎 誠(むさしの自然史研究会)

 

ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

2021年10月25日

令和3年特別支援教育支援員育成プログラムを開催致します!

緊急事態宣言が解除されて、感染者数も減少していることを受けて、
今年度の特別支援教育支援員プログラムを実施することに致しました。

期間は、12月4日、11日、18日、25日、1月8日の土曜日(全10コマ)
時間は、13:00~16:10の2コマ続きの講義となります。
募集人数は30名を予定しています。

募集対象は、幼稚園や保育園、小学校などで支援員をされている方、
保育・教育現場の先生方、保護者の方などです。

近日中に、募集要項をアップさせていただきますが、
まずは開催案内をお知らせ致します。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

児童臨床研究センター
加藤 奈保美

2021年10月14日

令和3年度 はぐみぃ通信9月号

いよいよ9月27日(月)から後期授業が始まりました。
9月中は緊急事態宣言が解除されていませんでしたが、9月28日(火)のはぐみぃと
29日(水)のはぐみぃぷらすは通常どおり実施いたしました。

はぐみぃには8組9名のお子さんが、ぷらすには6組12名のお子さんの参加がございました。
事前予約制にしているものの、飛び入りで遊びに来てくれる親子さんが大勢いらっしゃり、
お断りするのも心苦しく、環境に配慮する形で全員のお子さんをお迎え入れいたしました。

 
はじめて来室したあんりくん、ブロックを組み立てて車を走らせます。


こちらも新入りのかほちゃん、はじめて場所にも動じることなく、いろいろなおもちゃに
手を伸ばして探索していました。


みゆちゃんは、ママに絵本を読んでもらうことが大好き。何度も読んで…をお願いしていました。


ひろとくんは、はじめてフィンガーペインテングを体験。ちょっと恐々、複雑な表情だけど、
ママといっしょなら挑戦できたね。

 
みゆちゃんもだんだん場所になれて絵具のお部屋に到着。小さなお指でちょんちょんとお絵かき。
でもね…いちばんのみゆちゃんの笑顔は絵具のあとの手洗い。だって、水が大好きなんだもんね。


でもでも、もうひとり手洗いを心待ちにしている子がいるね。
ひろとくんも手洗いが大好きなんだよね。みゆちゃんの手洗いにロックオン!


常連のはるとくんとさやかちゃん。ドライブにでも行こうか…と相談中かな。


この日のぷらすは前日のはぐみぃで、コーナーが密になりやすいという気づきから、
ままごとコーナーの位置を変えて畳の島をふたつにわけてみました。
ぷらすは、兄弟姉妹で参加してくれる親子さんが多く、安全に配慮して乳児さんと
幼児さんの棲み分けを考慮しています。

 
さすがぷらすっ子は、フィンガーペインティングが大胆‼
年中のゆなちゃんとけんたろうくんは、両手でペタペタ、すてきな壁画ができあがりました。

当面の間、事前予約制をとらせていただいております。
センターHPの「お問合せ」からは参加お申込みをお願いいたします。

参加多数の場合は、お断りすることもあるかもしれませんが、
皆さまの安心・安全な環境でお迎えできるようご協力のほどよろしくお願いいたします。

秋晴れのもと、皆さまのお越しをお待ちしています。

(文責・加藤奈保美)

2021年10月10日